ロボットの趣味ぐらい不倫にはまってしまいそうで怖い

ロボットの趣味ぐらい不倫にはまってしまいそうで怖い

鉄人28号のブリキのおもちゃを子供の頃から買ってもらって以来ロボットが趣味になっています。ロボットコンテストのように相手を倒したり、
ボールで得点を競うようなものには興味がなく、純粋に動作しているものが好きです。

 

 

社会人になり生産技術関係の仕事をすることになり、当時は自動化装置が全盛期だったこともあり生産用の装置を多く開発していました。その中にはロボットのような動きをするものもあり、仕事だか趣味だかわかりませんが好きなプログラムを組んで部品を組立の実験をしていました。

 

 

家に帰っても自分のパソコンでロボット言語を作成して会社で動作させていました。しばらくたつと自動化技術が下火になり暗黒の時代を迎えることになりました。
当時は子供が誕生して大きくなっていたので、遊び道具として無線で動く車やヘリコプターを買い与えていましたが、自分で遊びたくて買ったことが大きいです。子供はすぐに飽きてしまうことがわかっていたので、自分で操作して遊ぶことに夢中になっていました。自分の子供の時は高価で買えなかったのでその分を取り戻している感じです。

 

 

 

秋葉原に倒立しても動くおもちゃがほしくて買いに行ったことがあります。このおもちゃはプログラムをダウンロードして自分の好みの動きをさせることができる優れものです。自動化の全盛期に会社でしていたことができることがわかり感激しました。プログラムのバグがあると動作しないところもそっくりで時代の流れを感じています。

 

 

 

ドローンが最近注目されていますが、重量の軽いものはおもちゃと分類されているので昔購入したヘリコプターとは異なる動きをすると思うので購入したいと思っています。
現在いろいろ調べているところですが、こういう時間が楽しいのが趣味のよいところだと思っています。部屋には使用していないおもちゃがたくさんあり家族からは捨てていいのではといわれていますが、踏ん切りがつきません。趣味の世界では無駄もたくさん発生しますが、眺めているだけでも良いところもあるので奥が深いです。

 

 

 

趣味に生きることは素晴らしいことですが、違うものとして不倫を上げる事ができますが、十分に気をつける必要性があると思っています。男女間の感情は時に不安と怖さが未来を潰すことだってある。
馴れ合いだけで不倫や浮気はできないのですが、未来をしっかり生きていく為にも勇気を振り返す必要があるね。